人気ブログランキング |
excitemusic

あなたの生活に 心地よい Classic in Jazzを
by hitoshirou
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
はぎの先生
from MISSGOBLIN
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


リリースされたCDについて

2011年 7月10日 

「てんらんかいの絵」 CDリリースされました!!


リリースされたCDについて_f0196496_1895931.jpg


ムソルグスキー作曲のピアノ曲 展覧会の絵をご存じですか?

一番有名なのは ラベルが編曲したオーケストラの展覧会の絵です

フランス人らしい色彩感覚抜群の素晴らしいオーケストラの曲ですから
小学校や中学校で習ったことと思います

その時、どんなことを習ったでしょう
「プロムナード」は展覧会の絵を渡り歩いてみる
主人公の歩く時のテーマ??

曲はいろいろな絵を象徴して書かれた
素晴らしいオーケストレーションの曲??

そんなことしか自分の頭には残っていませんでした

ところが、原曲のピアノ曲を聴いて
このピアノ曲がムソルグスキーのどういった状況で作曲されたものか
誰の為に作られた曲かを知り
愕然としました

ラベルの曲から想像していた内容とは全くかけ離れた内容でした

この曲は ムソルグスキーの友人で
画家であり建築家である
ハルトマンが突然この世を去ったので
その死を悼んで作曲した鎮魂歌だったのです

象徴的なのが
最後の「キエフの大門」です

キエフの大門は、建築が実現しなかった幻の大門だったのです
実在しない、大門を
ムソルグスキーが素晴らしい楽曲として生まれ変わらせ
永遠に音楽として残した
いわば、友情の極みとも言える曲なのです

そこで、今回 はぐどばんのプロジェクトとして
ピアノ曲に入っているムソルグスキーの思いを
ピアノとドラム&パーカッションで表現しようとCDを完成させました

また、昔「ピーターと狼」に代表される
ナレーション付きのクラシック音楽があり
私は40数年過ぎても心に残っているので
今回はナレーションを付けて

「物語 てんらんかいの絵」
となっています

町田市在住の素晴らしい切り絵作家の
小室一男さんの絵を随所にちりばめて
「聴いて 見て楽しめる」CDとなっています

小室さんは、自分たちの「てんらんかいの絵」を聴いて
インスピレーションを働かせて
古城や廃墟を切り絵にしてくださいました

子供たちにクラシック音楽に親しみを持ってもらう為にも
いろいろ考えて作ったCDです
教育現場でも是非利用して頂ければと思います

是非聴いてみてください!

ご注文はサウンドブライトからネット注文できます
http://www.soundbright.co.jp/yuumin/7.1/1/#

最近ではアマゾンでもネット注文できるようになりました!
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%A6%E3%82%93%E3%82%89%E3%82%93%E3%81%8B%E3%81%84%E3%81%AE%E7%B5%B5-%E8%90%A9%E9%87%8E%E4%BB%81%E5%BF%97/dp/B005GJWGZM/ref=sr_1_4?ie=UTF8&qid=1314011964&sr=8-4

はぎの耳鼻咽喉科までご連絡頂いても送料無料で配送します

042 728 8737
mail@haginojibika.com

by ahagichann | 2011-07-26 18:43 | トピックス | Comments(0)
<< ライブ終了報告 ロベルト&はぐどばんトリオ ラ... >>